Notion を整理した話

By: 壮大 増田
Posted: January 08, 2022

課題感

Issue

  1. タイトルも決めずに気ままに即メモがとれる環境を作ろう
  2. 真面目なノートは複数箇所に似たような場所を作らないようにしよう
  3. 技術ノートを明示的に作ろう
  4. 後々なくなる可能性のある「所属」という概念はフォルダ分けではなく、ラベルで表そう
  5. 階層構造は最大3程度にしよう

たたき台構成

  1. ツリー
    • Log-Notes
      • Database - page / grp
      • 記録。即メモ。技術調査や読書などのガチログ。多分1番使用頻度が高い。すぐに書き込みやすいことが大事。
    • Project-Notes
      • Database - page / grp
      • 議事録とか任意プロジェクトのまとまりの資料達。My Life なら計画とかも含む。多分使用頻度は低いが、計画系は長く見続けるので、探しやすい事が大事。
    • Notion Blog
      • ブログ記事的な者たち。notion-blog サービスと連携してるページ
    • Shared
      • 共有してもらった notionページのリンク集。databaseは作らず。

いい感じに情報整理するために利用した機能

今回のアップデートで重要だったのは、情報管理をツリー構造に頼りすぎないということ。

ツリー階層を下げたことで情報の分類をラベル管理に切り替えた。

ラベル管理を実施するということで、データベースに情報をまとめるわけだが、そうなると全てが一緒になりすぎる。

そこで、VIEWを利用する。これにより情報を一元管理しつつ、必要に応じたデータを抽出しやすくなる。

参考